女性ホルモンと頭皮の関係について

MENU

女性ホルモンと頭皮の関係について

頭皮の環境には女性ホルモンが大きく関わっているということを、みなさんはご存知でしたでしょうか?
女性ホルモンが乱れてくると、頭皮の環境が悪化して痒み・フケ・皮脂の過剰分泌・抜け毛などを引き起こします。
女性ホルモンについて理解を深め、頭皮環境改善に役立てていきましょう。

 

女性ホルモンには黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の2種類があります。
この2つのホルモンが一定の周期で分泌量を変えながら、ホルモンのバランスをとっています。

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)の働き

  • 妊娠ホルモンと呼ばれる
  • 食欲を促す
  • 眠くなる
  • イライラする
  • 憂鬱になる
  • むくむ

 

卵胞ホルモン(エストロゲン)の働き

  • 肌の潤いを保つ
  • 髪の毛や頭皮に栄養を与える
  • 骨を強くする
  • 代謝を促す
  • 気分が明るくなる
  • 前向きに行動できる

 

このように黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌している時期は気分的にも落ち込みがちで、体も内に溜め込もうとする傾向にあります。
その逆で卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌している時期は気分も明るく前向きで、体の状態も外へと発散・成長する傾向にあるということが分かりました。

 

この2つの女性ホルモンがバランス良く繰り返されていると健康なのですが、女性ホルモンは非常にデリケートなのでストレスや睡眠不足・無理なダイエットなどでもすぐに乱れてしまいます。

 

女性ホルモンが乱れてしまうと頭皮の新陳代謝が促されなくなったり、または逆に新陳代謝が起こり過ぎてしまって頭皮環境のバランスが崩れてしまうことがあります。
バランスが崩れることによって、痒み・フケ・皮脂の過剰分泌・抜け毛などのトラブルが起こってしまうのです。

 

女性ホルモンを乱れさせないためには、バランスの良い食事・適度な運動・ストレスの発散・十分な睡眠などを行っていく必要があるのです。
最近頭皮の具合が良くない…そんな方は女性ホルモンの乱れが原因かもしれません。